外出自粛で毎日家に籠っている方に、YKK APさんが住まいの上手な換気方法をWEBで紹介しています。

YKK APは、効率的な換気方法のシミュレーション結果をまとめたWEBコンテンツ「窓がポイント!住まいのじょうずな換気方法」を、2020年4月30日に当社ホームページ上で公開いたしました。YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、効率的な換気方法のシミュレーション結果をまとめたWEBコンテンツ「窓がポイント!住まいのじょうずな換気方法」を、2020年4月30日に当社ホームページ上で公開いたしました。

新型コロナウイルス感染予防として「換気」が注目されており、政府からも密閉空間をつくらないよう、窓を開けての換気が呼びかけられています。当社にも効率のよい換気方法についてのお問合せを多くいただいております。

換気には一般的に「窓は1カ所より2カ所開けたほうが良い」「風上の窓を開けると良い」などと言われますが、それらが具体的にどのように効果的なのか、本コンテンツでは住宅モデルを使用してのシミュレーションを実施し、窓の開け方による換気効果の違いを可視化しています。

本シミュレーションは、東京理科大学のご協力のもと開発した通風解析を用いています。住宅における窓の位置や種類による通風性能の違いを提案するため、当社の技術解析部門により実施しているものです。

当社では今後も健康で安全な生活に貢献するため、社会に役立つ情報を提供してまいります。

■「窓がポイント!住まいのじょうずな換気方法」概要

  • URL:https://www.ykkap.co.jp/info/ventilation/
  • 公開日:2020年4月30日
  • 主なコンテンツ:換気の基礎知識、効率的な窓の開け方、風向きと換気の関係、さまざまな換気の工夫など