自活生活 フリーランス歴10年の筆者が綴る"いま知っておきたいこと"まとめブログ「自活生活」(制作中!!)

なぜ確定申告が必要か

確定申告を自分で行うことは、フリーランスをしてみて経理の方の存在がありがたく思える、結構、面倒な作業です。でもフリーランスになったら、必ず利益や経費を確定させ、その年の収支を報告する必要があります。

確定申告をすることのメリットもありますので、というか長期間の滞納はデメリットだらけ。「メリットがあるから確定申告を行う」というものでなく、税金を納める義務がある以上、計算の根拠となる確定申告は必須と考えて、仕事の一つとして考えておいてください。

もし申告を行わないと、無申告加算税が加算されたり、最悪の場合、脱税(所得隠し)として見なされる刑罰だけでなく、取引先からの取引停止に至って、結局、フリーランスとしての仕事が立ち行かなることになるかもしれません。暗しくは国税局のホームページをご覧ください。(国税庁HP)。

昔に比べてモバイル会計ソフト「freee」など会計支援サービスも充実していますので確定申告の計算は自分で税金の計算を行うことも比較的簡単にできます。でも、フリーランスをしていると仕事が軌道に乗ってくると事務にかける時間が足りなくなってきて年度末にまとめて処理しようとして苦しむことになるので、仕事に集中したいと考えているのであれば、できるだけ税理士に確定申告の実務を依頼することをおすすめします。

先ほども書きましたが、個人事業主にとっては確定申告も仕事として、事前に対応を考えておいてください。

個人事業主の確定申告のメリット
個人事業主が確定申告を行うメリットは
・控除を利用して、節税が可能
・決算書として、銀行などの融資の際に提出可能(決算書を作成する場合)
・赤字の繰越が可能(青色申告者)
などのことが挙げられます。

とにかく税金を渋っても良いことはないので、納税することを前提に仕事の計画を立てましょう。